« ベースを弾くよ | トップページ | 雪降った!! »

疎水蜜柑

 昨日書いていたレポートは3時半までかかって結局完成しなかった。未完成だったけれど持っていって、そのレポートに関する5分間のプレゼンもこなし、無事提出。時間が押していて先生からのコメントはたくさんはもらえなかったけど、悪くない感触だった。
 やはり自分の中にはアカデミズムに対する指向性を感じる。「研究」などと言うものではないけれど、それなりの課題に取り組むと、それがどう評価されるかということがとても気になる。研究職というのもありなのかなぁ。
 
 人間が生きているなぁ。

 昼で学校から帰宅し、眠い上に空腹という状況で、家の裏にあるお惣菜屋さんのお弁当を昼食にすることにした。Dai's厨房という店なのだが。「冷凍白身魚フライ」などと書かれた段ボールの空き箱が店の前にごろごろ出してあって、ちょっとがっかりした。東くんとひとつのお弁当を半分こ。

 食後に「おやつ」と称して、正月に人からもらった鏡餅を開いて食べる。きな粉餅にした。とろりんとしておいしかった。「これ、ゆでたの?」と聞く東くんは、普段餅といえば焼いて食べており、「自分は焼くしか能がなかった」と自らの餅の扱いを顧みていた。私は餅は焼かない。ゆでる。

 食べ過ぎて腹痛を起こす。

 寝不足だったので昼寝をしたら夕方になっていた。また食事の時間じゃないか、ということになって、肉じゃがと、壬生菜のサラダと、大根のみそ汁を用意して食べた。壬生菜は初めて食べたが、甘みの明瞭な葉がおいしかった。

 東くんがバンド練に行って、ひとりでぶらぶらしていたら、家の前の疎水沿いにある柑橘類の実をジャムにすることを思いついて、やってみたら苦くて食べられるものじゃなかった。期待通りにいかなくて気分が落ち込んだ。

 本当に、気分が落ち込んだのでまおーたんに電話した。
 

|

« ベースを弾くよ | トップページ | 雪降った!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 疎水蜜柑:

« ベースを弾くよ | トップページ | 雪降った!! »